ウーマン

コレステロールはサプリで下げる時代|中高年の必需品

病気の治療

複数の生薬

女性は更年期を迎えると卵巣の機能が衰えて女性ホルモンの量が少なくなります。そんな女性ホルモンの減少によるホルモンバランスの乱れによって、体のほてりや大量の汗、イライラなどの症状が現れます。これらの症状が出ることを更年期障害と呼びます。更年期障害の治療には減少したホルモンを補充するホルモン補充療法が一般的です。ただ、他に薬を服用している場合はこの治療法を利用できないことがあります。そんな時には漢方薬を活用してみましょう。漢方薬であれば他の薬の効果を阻害せずに治療できるので重宝されています。また、漢方薬はドラッグストアでも販売されているので、更年期障害に悩まされている方は気軽に試すことができます。

更年期障害の治療に漢方薬を用いるメリットは体に負担を掛けないことです。例えば病院で処方される薬の場合は、飲み続けると体に負担を掛ける特徴があります。また、複数の薬を服用すると不調の原因にもなります。一方で漢方薬の場合は一般的な薬と比較して副作用が少ないので、体に負担を掛けずに服用できる特徴があります。それに加えて更年期障害の症状を抑える以外に体質改善を行う効果があります。症状が表れにくいようにするので、日常生活に影響が出ないのです。ただ、漢方薬には一般的な薬と比較して、人によってはすぐに効果が表れにくいかもしれません。そのため、更年期障害の治療のために漢方薬の活用を検討している方は注意する必要があります。